脳の記憶力・集中力は普段食べている食事(栄養素)で変わる

DHAが含まれている食材

脳は普段食べている食事(栄養素)で変わると言われています。記憶力や集中力の向上に良いとされる「脳を活性化させる栄養素」といえば魚に含まれている「DHA」です。DHAは、脳の成長や発達にとても重要な働きをしている栄養素です。痴呆症など脳の病気の防止や改善だけではなく、脳以外のさまざまな病気にも効果が期待でき、老化防止に役立っています。

そして、その他の食材で脳に良いとされている食べ物がチョコレートですが、チョコレートに含まれているカカオに坑酸化物質であるフラボノールが含まれています。ブラボノールは脳の血流を高めるという効果を期待することが出来ます。

チョコレートならどんな種類のものでもフラボノールが含まれているわけではなく、チョコレートを選ぶ場合は、ダークチョコを選びましょう。ミルクチョコなどは、フラボノールが含まれていないチョコもあります。

記憶力や集中力の向上に期待できる食べ物

一般に魚類は常温でも脂肪が固まらない不飽和脂肪酸が含まれているので、血流がスムーズに流れ、アルツハイマー病や脳疾患を予防・改善するといわれています。中でも特に脳にiいいとされている魚はしゃけ、マグロ、ニシンです。また、キャベツや青菜などの野菜類も良いとされています。

そして、ナッツ類も脳細胞活性化にいい食べ物です。チアミン・マグネシウムが含まれているナッツは、記憶力向上に効果がありますし、ブルーベリーやラズベリー、ブラックベリーなどのベリー類は坑酸化物質が多く含まれていて脳の働きを高める効果が期待できます。

また、カレー粉に含まれているクミンという主成分が活性酸素を減少させる働きがあると言われており、卵などは加齢による脳の萎縮を予防する効果が期待できるとされています。卵に含まれているビタミンB12やレシチンは脳障害、脳の萎縮を遅らせるという働きがあります。

また卵の黄身にはコリンという物質が含まれていて、脳神経の増殖に効果があり記憶力向上に役立ちます。ですが、卵は食べすぎると肥満の原因になりますので、一日に1~2個が適当です。飲み物は何といってもお茶です。お茶に含まれているカテキンが脳機能調節、頭がさえるという効果を期待することができます。

このような記憶力や集中力の向上に期待できる食べ物は、DHAサプリと合わせて摂取すると、より効果に期待ができます。

コメントを残す